『PoC.Run(ピーオーシードットラン)』は、新規事業や新製品・新サービスの立ち上げに必要不可欠な「PoC(Proof of Concept / 概念実証)」をお客様ともに行うサービスです。

IoTを切り口にDX推進をサポートする弊社が、これまで携わってきたプロジェクトの多くで直面した、以下のような課題を解決致します。

  • ビジネスアイデアはあるが​それを実現するスキル・ノウハウ(アセット)がない​
  • スピード感を持たせて​PDCAを回したいけれど​どうすればよいかわからない​
  • 何を検証できたのか曖昧なまま​次のステップへすすめない​

このページの目次

PoC.Runでは、「お客様と並走し、共創するPoC」をコンセプトに、弊社もプロジェクトメンバーの一員となってビジネスの実証実験を行います。

PoCとは

PoCとは、「Proof of Concept」の略で、日本語では「概念実証」と呼ばれます。「コンセプトを証明する作業」と捉える事もできます。

これは、ビジネスにおいて新しいことを始めるうえで、避けては取れないプロセスで、IoT(Internet of Things)やAIなどのIT分野以外でも広く知られている作業です。

では、実際に何をするのかというと、以下の検証を行う作業です。

  • 新たなアイデア・製品・サービスのコンセプトが、実現可能なのかどうかを見極める、実現性の検証
  • このコンセプトで得られる効果を探り、投資すべきかどうかを見極める、費用対効果の検証

なぜ必要なのか

例えば新規サービスのアイデアを思いついたとします。この時、後先考えずにプロジェクトを進める事はまずないはずです。

規模の小さいプロジェクトならまだしも、ビジネスにおいて「それが実現可能か」「投資に見合う効果や利益を上げられるか」を見極めずに事業をスタートすることはできません。

なぜなら、そこには「思ったより効果が上がらなかった」「システムの構築に想定外の費用がかかった」「顧客が満足しなかった」といった、理想と現実の乖離に直面し、気づいた時には軌道修正ができなくなっていたという危険が隠れているからです。

PoCは、アイデア・製品・サービスを「100%のカタチ」にする前に、「そもそもこのコンセプトは意味があるのか」を判断する作業です。
このプロセスを経ることで、リスクを最小限に抑えられますし、プロジェクトを本格化するかの判断や、早い段階での軌道修正も可能となります。

プロトタイプ、MVP(Minimum Viable Product)との違い

PoCと似た単語に、「プロトタイプ」や「MVP(Minimum Viable Product)」があります。

どれも「100%」ではないもので、「何かを検証する」という事に変わりは無いのですが、プロジェクト・事業の進行具合によって必要になるタイミングが異なります。

順番としては、以下順番で進める事になります。

  1. PoC(Proof of Concept)
  2. プロトタイプ
  3. MVP(Minimum Viable Product)

では、PoC以外の2つは、何を検証するものなのでしょうか?

プロトタイプとは

プロトタイプは、日本語で「原型」「模型」「試作」を意味する単語です。
ビジネスにおいては、一番最後の「試作」がしっくりくるかもしれません。

ハードウェアやソフトウェアにおいて、プロトタイプとはまさに「試作」を指し、「PoCで実証したコンセプトを、より完全なる製品に近づけるための試作品」です。
このプロトタイプをプロジェクトメンバーや社外のモニターさんに利用してもらい、使い勝手や機能性などを検証します。

そしてプロトタイプから得たフィードバックをもとに、市場に出しても問題ない製品を作り上げていくのです。

MVPとは

MVPは「Minimum Viable Product」の略で、日本語では「実用最小限の製品」と訳されます。
「Product」の名前がつけられている通り、これは「製品」です。

ただ、市場に出すに値する「製品」である一方、「あれもこれも、いろんな機能を搭載した多機能製品」ではありません。
MVPは、PoCで実証した価値を必要とする顧客に満足いただくための、機能を最小限に削ぎ落した製品を指します。

製品に思いつく限りの機能を搭載するには期間も費用もかかりますし、市場に受け入れられなかった時のリスクも大きいです。
そのため、製品の初期段階では、MVPとして市場に出してみて、製品のさらなる改善に生かすためのフィードバックを得る、というプロセスが重要になるのです。

[実例] お客様が抱える実際の悩み

冒頭にお伝え致しましたが、弊社ではIoTを軸にDX推進のお手伝いをしておりますが、お客様からは以下のような悩みをよくお聞きします。

  • ビジネスアイデアはあるが​それを実現するスキル・ノウハウ(アセット)がない​
  • スピード感を持たせて​PDCAを回したいけれど​どうすればよいかわからない​
  • 何を検証できたのか曖昧なまま​次のステップへすすめない​

弊社が提供しております、PoC支援プログラム『PoC.Run』では、これらの悩みを解決いたします。

PoC.Runの実施の流れ

「PoC.Run」では、以下の流れで、お客様と二人三脚で並走し「PoC(実証実験)から導入まで​」を実現します。

Step 1 : ご相談​

まずは以下のトピックをヒアリングし、実現したい事を理解いたします。

  • 課題​
  • 問題​
  • 製品、サービスの​コンセプト​

Step 2 : 打ち合わせ​

打ち合わせを重ねながら、リサーチをはじめとした事前準備を行います。

  • マーケティング​
  • Product Market Fitting検討​
  • 評価指標、KPIの設定​
  • 活用できる補助金、助成金のご紹介​

Step 3 : PoC​計画作成​

リサーチした結果をもとに、プランを練り上げます。
また、計画実行のための管理手法・遂行手法もご提案いたいます。

  • PoC計画作成​
  • サポートプラン作成​
  • 実用最小限製品サービス(MVP)の定義​
  • ビジネスモデルの作成​
  • プロジェクトマネージメント手法のご提案​

Step 4 : PoC​

実証実験/Proof of Conceptを実行に移します。
計画実行メンバーの一員として、お客様に寄り添い並走いたします。

  • プロジェクトマネジメントのサポート
  • IoT技術サポート​
  • ナレッジ、ノウハウ提供​

Step 5 : 評価​・まとめ​

PoC後、定量データ・定性データなどの観点で評価を行い、次に進むべき方向性を考えます。

  • 次期アクションプラン​作成
  • 仮説検証​の結果の報告
  • 事業のピボット(方向転換)のご提案​

レベニューシェア(利益折半)制度

「PoC.Run」では、PoCの規模や検証するビジネスモデルによっては、開発するサービス・製品のレベニューシェア制度を採用することも可能です。

PoCは「概念実証 / 実験実証」ですので、実装結果が必ずしも良いものではありません。
結果によっては、スタートラインに立って考えなおしたり、 方向転換をする事もあります。

レベニューシェア制度では、「お客様と並走し、共創するPoC」のコンセプトの通り、弊社もプロジェクトメンバーの一員として、このリスクを負いながらPoCを行います。

これにより、お客様の初期投資額を抑える事が可能です。

本プランは、その性質上、プロジェクトに応じたご提案となります。

もちろん、レベニューシェア制度ではなく、ご依頼・ご要望に沿ったPoCのためのシステム開発も承っております。

まずはぜひお気軽にお問い合わせください。

実績紹介(導入事例)

最後に、弊社がお客様とともに実施したPoC~IoT導入システム事例をご紹介いたします。

事例1 : スマートファクトリー化​

プロジェクト概要

  • お客様:日立ハイテクノロジーズ様​
  • コンセプト:
    • 日本品質を維持し、遠隔で海外工場運営を可能に​スマートファクトリー化
  • 解決した事・実現した事
    • タイのシェア工場​
    • 日本から作業指示を出す事ができ、現地の作業状況や​トレーサビリティを実現​
    • 製造ラインの変更にフレキシブルに対応​
    • IoTシステムを短時間で構築​

事例2 : IoTによる鳥獣被害対策

プロジェクト概要

  • お客様:NTT docomo東北様​
  • コンセプト:
    • IoTで鳥獣被害を無人対策
  • 解決した事・実現した事:
    • 狩猟免許を持つ人材の高齢化により​見回りの負担増​
    • 罠にかかった時にだけピンポイントで​捕獲確認を行いたい​
    • 移動端末(GPS)を活用した​箱罠の通知サービスを作りたい

事例3 : 軽水力発電機のデータの可視化とセキュリティ強化

プロジェクト概要

  • お客様:茨城製作所様​
  • コンセプト:
    • 軽水力発電機『kappa++』の​データ可視化とセキュリティ対策
  • 解決した事・実現した事
    • 茨城製作所様が開発した水流発電機の発電状況の可視化​
    • 屋外に設置するので盗難防止を考慮したい​
    • 日本から海外(ネパール)の状況を把握したい

事例4 : 異文化圏における商品開発

プロジェクト概要

  • お客様:大手事務機商社
  • コンセプト:
    • アジア圏途上国マーケットにフィットする製本機の開発をしたい
  • 解決した事・実現した事
    • アジア圏の途上国マーケット向け製本機​
    • これまであった製本機は故障が多い​
    • 低価格で流通させたい​
    • メカ、基盤、システムまで一貫して​依頼出来る企業が見つからない​
    • 量産設計も踏まえた検討提案がほしい

事例5 : 変電所の装置を別の規格に対応

プロジェクト概要

  • 大手鉄道会社​
  • コンセプト:
    • 新しい規格に対応した変電所の保守用装置を製作したい​
  • 解決した事・実現した事
    • 電圧、電流、その他保守用機材、​測定器、スイッチからの情報を取得したい​
    • 上記の情報から異常を検知したい​
    • 常時電圧、電流をモニタリングしたい​
    • 『保全情報取得システム』として稼働させたい

事例6 : ダムの機械制御の効率化・自動化

プロジェクト概要

  • 公共(官公庁)​
  • コンセプト:
    • ダムの制御システムとしてダムの機械制御を一括管理したい​
  • 解決した事・実現した事
    • 機械的制御が必要なダムの トータルシステムの運用、保守​
    • センシングデータなどの活用

PoC.Run 資料ダウンロード

本ページでご紹介した内容は、以下のページでPDFとしてダウンロード頂けます。
社内でご検討頂く際に、ご利用ください。

その他の資料ダウンロード

弊社のそのほかのサービスや製品の資料は以下よりダウンロード頂けます。

お問い合わせ

本サービスに関する、ご相談・ご質問は、以下よりお気軽にご連絡ください。

DX推進の要となるIoT人材育成のための教育プログラムをスタートいたしました!

オンライン動画によるIoT学習サービスの「ガリレオ」にワークショップ付きハンズオンセミナーと、講師と受講者間のコミュニケーションをしっかりと取れる機能とサービスを追加した教育プログラム『ガリレオ+ (ガリレオ プラス)』をスタートしました。

内閣府主導の国家プロジェクト「戦略的イノベーション創造プログラム(通称SIP/エスアイピー)」でも採用された教育プログラムです。

詳しくは以下のページをご覧ください。